合格祈願は試験に際しての最後の拠り所です!

現代社会において試験とは無縁に成長し社会に出る人は皆無です。
早い人の場合は幼児のときに、幼稚園へ入園するための所謂お受験を経験します。
その後は小学校、中学校、高等学校、大学、大学院等と、上級の学校へと進むその都度、試験によって進学先が篩い分けられます。
やがて学校を卒業し社会に出る際にも色々な試験が待ち構えています。
会社員になるには入社試験があり、公務員になるには採用試験があり、弁護士や税理士や社会保険労務士等の士業に就く場合や医師や看護師等になるにもそれぞれの資格試験を通過しなければなりません。
人によっては、その後も出世競争や個人的なスキル向上や趣味の世界において様々な試験に遭遇します。
さて、どんな試験であっても試験に際しては、事前の勉強が欠かせません。
最低限、受験する試験の合格ラインを超える程度の力が求められます。
しかし、どんなに準備を怠らなかったとしても、試験当日に実力を発揮できるかは、そのときになってみないと分かりません。
そこで最後の拠り所として神仏に合格祈願をすれば安心です。
運も実力の内と言いまして、人知を超えた力の援護を得るためにも合格祈願が欠かせないのです。
http://www.kangoshi-kyujin-ranking.com/