ブロードバンド回線市場とは

ブロードバンド回線市場は、光回線市場、DSL市場、CATVインターネット市場という3つのインターネット回線の市場を合計したものです。

光回線市場は、企業向けの接続サービスは除き、家庭で利用される接続サービス市場を対象としています。
戸建住宅に対しては、直接屋内まで引き込まれます。
一方、集合住宅においては、建物までは直接引き込み、建物内は既設の電話線を用いた高速通信技術を利用しています。
もしくはイーサネットケーブルを敷設し、各戸までつなぐケースです。
DSL市場は、既存の電話線を用いて、高速データ通信を実現する技術の総称をDSLといいます。
家庭向けにサービス提供されている技術のほとんどがADSLです。
CATVインターネット市場は、同軸ケーブルを用いた有線テレビ放送配信システムがケーブルテレビですが、そのCATVネットワークを用いて提供されるインターネット接続サービスを総称して、CATVインターネットといいます。